NANOTECHNOLOGY BUSINESS CREATION INITIATIVE
ナノテクノロジービジネス推進協議会
ナノテクノロジーをビジネスに



NBCIの発信資料

HOME イベント・関連情報 ナノカーボンFAQ 関連リンク
HOMENBCIの発信資料



NBCIの発信資料


Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAcrobat Readerが必要です。お持ちでない方はAdobeのサイトから無料で配布されておりますので、そちらからダウンロードし、ご利用ください。

2021.02.22 ナノテク見える化資料 nano tech 2021版を掲載しました。

 ナノテク見える化活動は、基盤技術であるがゆえに完成品の陰に隠れがちなナノテクを顕在化し、ナノテクの持つポテンシャルを外部にアピールすることを目的に、領域毎に分類して使われているナノテク適用事例を纏めて、毎年ナノテク展において報告しております。nano tech 2021では本資料を用いてパネル展示、冊子配布を行いました。

 「ナノテク見える化資料 nano tech 2021版」


2019.06.19 SEMによるナノ粒子の粒子径分布計測プロトコルを一部改定しました。

 ナノ材料安全管理の必要性から、EUではナノ粒子のサイズ分布に基づき「ナノ材料」が定義され、この定義に該当する製品について規制が開始されています。また、フランス等でナノ材料の登録制度や表示の義務化(ナノラベリング)が開始され、OECDにおいては安全性試験のテストガイドライン策定の動きが始まっています。その一方で、工業粉体製品の粒子径分布の統一された測定法がないのが現状です。
 そこで、NBCI社会受容・標準化委員会では、ナノ材料の観察・計測技術の一つに挙げられるSEM(走査電子顕微鏡)に着眼しました。SEM法は簡便・迅速に観察ができ、産業界で広く普及している手法であるためです。具体的には、チタ二ア、シリカナノ粒子を用いて、複数機関によるラウンドロビン試験を実施し、試料調整法から画像解析法まで、ベストプラクティスを検討し、この度、計測プロトコルを作成、公開することに致しました。事例を多く取り入れております。ご活用いただければ幸いです。
 なお試料調整法に関してはナノ粒子が適度に分散された試料を用いることを前提としており、試料を観察用基板にセットする際に粒子が再凝集しないような調整法をプロトコルの対象としました。

 「ナノ粒子粒径分布計測プロトコル」


2019.05.23 SEMによるナノ粒子の粒子径分布計測プロトコルを掲載しました。